IE and old browsers are not recommended.
Music

The Standard Trio

0204.jpg
Performers
ハクエイ・キム (pf), 中村健吾(b), 大隅寿男 (ds),

ハクエイ・キム/pf
中村健吾/b
大隅寿男/ds


<ハクエイ・キム / HAKUEI KIM>

韓国人の父と日韓ハーフの母のもと、京都市に生まれる。
5歳の頃からピアノを始める。
高校在学中にエマーソン・レイク・アンド・パーマーなどに影響を受けロック・バンドを始め、94年YAMAHA主催「ティーンズミュージックフェスティバル札幌」において、”ベストキーボーディスト”を受賞。
高校卒業後、オーストラリアへ渡り、シドニー大学音楽院(Sydney Conservatorium of Music, the University of Sydney)に入学。
在学中はECMレーベル等に作品を発表しているオーストラリアを代表する名ピアニスト、マイク・ノックに4年間師事し、氏の音楽観に多大な影響を受ける。
2005年、11年に渡る滞在後帰国。同年5月にDIWよりデビュー・アルバム『Open the Green Door』を発表し、国内のみならず、フランスのジャズ誌『JAZZMAN』で4つ星の高評価を受ける.
“正真正銘の「新星」がリーダーを務めたファースト・アルバム…豊富なリズムのアイデアや、ダイナミクスと空白をプレイして動きと浮遊 を交替させる身軽さは、ジャッキー・テラソンやスティーヴン・スコットの登場時を思い出させる…。この若者は比類なき才能と、例外的に授けられた音楽の素 質を持ち合わせている”(Alex Dutilh – JAZZMAN誌2005年12月号)
2015年に11月には韓国の伝統音楽家、ミン・ヨンチ率いる 『新韓楽』とハクエイ・キム率いる『トライソニーク』によるコラボレーション・アルバム『HANA』をジャズの名門『Verve』(ヴァーヴ) より発表する。

<中村健吾>

12才の時にクラシックギターを学び、17才からエレクトリックベースを始める。
1988年に渡米、バークリー音楽大学に入学。アコースティックベースに転向後、ベースの巨人チャールズ・ミンガスの音楽から多大な影響を受ける。在学中にプロフェッショナルパフォーマンス科ジョン・ナヴァス・スカラシップを受賞。
1991年、 バークリー音大を卒業後、ニューヨークへ移り、ジュリアード音学院の教授であるホーマー・メンチ氏に師事。
2010年5月、日本に活動の拠点を移し、これまでのリーダーアルバム5作品からコンパイルしたベスト盤『Rainbow』(55 Records)をリリース。
2012年10月、7作目のリーダーアルバム『Songs in My Life Time』(55 Records)をリリース。
グラミー賞にノミネートをされたウイントン・マルサリスのライブアルバム『 Live at the House of Tribes 』(Blue Note) ではクインテットのメンバーとして参加している。第53回スイングジャーナル誌日本ジャズメン読者人気投票に於いて、3年連続ベース部門第1位を獲得。
共演者に、ウイントン・マルサリス、ベニー・ゴルソン、マル・ウォルドロン、ロイ・ハーグローヴ、アントニオ・ハート、ダコタ・ステイトン、マーカス・プリンタップ、ラッセル・マローン、ベニー・グリーン、ウエス・アンダーソン、シャーマン・アービー、デューイ・レッドマン、アニタ・ベイカー、ハーリン・ライリー、渡辺貞夫、伊藤君子、小曽根真。


<大隅寿男>

福井県芦原温泉出身。明治大学政治経済学部卒。
アートブレーキー&ジャズメッセンジャーズの来日公演(1961年)を観て感銘を受け、大学でジャズドラムを始める。
1969年、大学卒業後、プロドラマーとして活動を開始。多くのミュージシャンとの共演で好評を得る。
1978年、大隅寿男トリオを結成。リーダーとして活動を開始。国内外のアーティストと共演、アルバムレコーディングに数多く参加する。また作曲家、宇崎竜童のレコーディングにも参加、共演も多い。
2005年1月、スイングジャーナル誌が主催する、日本ジャズ界に最も貢献した人物に贈られる「第30回 南里文雄賞」を受賞する。また、同誌の「日本ジャズメン読者人気投票」では、 2006年より4年連続で「ドラム部門」で2位に選出されている。
近年はポニーキャニオン/M&I MUSICからアルバム「ジュビレーション」(2002年)、「グレートフル」(2003年)、「リジョイス」(2004年)、「オンザロード」(2005年)、「ニューディール」(2007年)を意欲的に発表している。2009年には、音楽生活40周年を迎えた記念盤として「Walk, Don’t Run」を発表。
スイングの明快さ・ビートの切れ味はもちろん、本人の温かい人柄は聴く人に感動を与え、多くの熱い支持を得ている。

1st set: 19:30

2nd set: 21:00



※オンライン予約にて事前決済していただくと、当日のご案内がスムーズになります。

※当日はお電話にてお問い合わせください。
※尚、当日清算の場合、立ち見となる可能性があります

「テーブルシステム等について」

  • お一人様、2オーダー以上のご注文をお願いしております。
  • お席の種類は、「フリーシート(カウンター席)」「ノーマルシート(テーブルチャージ:お一人様につき500円)」「VIPシート(テーブルチャージ:お一人様につき1,000円)」の3種類をご用意しています。
  • ノーマル席、カウンター席は原則自由席となり、先着順のご合席ありとなります。
  • VIPシートを少人数でご予約の際は、ご相席になる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 事前決算の場合、テーブルチャージは飲食代とご一緒に当日のお会計時にご精算いただきます。
  • 公演内容によって、テーブルチャージを全席500円設定やキャッシュオンデリバリーシステムまた主催者側で座席を指定させていただく場合もあります。

Click on the bar to open/close.
Date/Time
Friday, 16 August 2019
Door Open: 18:30 / Start: 19:30
Venue
東京都港区六本木7-4-12 ジャスミンビル2F
03-6721-1723
Tickets (Tax incl.)
No
Advance: 3000 yen / Door: 3500 yen
要2オーダー
Event Organizer
Same as the venue above.
© 4CREATOR JAPAN
Don't have an account yet? Register Now!

Sign in to your account