Music

Jonathan Katz Presents 2Days 【Fuente de Alegría】

20200310new.jpg
Performers
Jonathan Katz ジョナサン・カッツ(pf) 酒井麻生代(fl) 冨樫マコト(b) 岡部朋幸(d)

【Jonathan Katz Presents 2Daysスペシャルサービス】
2日ともに来店の方には¥2000ディスカウントサービス!!
(11日来店時に2000円値引きさせていただきます。)


ニュ-ヨ-ク州ロングアイランド出身。音楽教師である父の手ほどきを受け、6歳でピアノ、9歳でホルンを始める。
イ-ストメドウ・ハイスク-ルのバンドに所属し、フランク・フォスタ-等と共演。
1987年イェ-ル大学コンサ-トバンドの演奏旅行で初来日、日本との交流を深める。
その縁あって1988年9月、上智大学比較文化学部に留学、日本文化を幅広く学ぶ。1989年9月イ-ストマン音楽院に入学、ビル・ドビンズ(p)に師事するとともに、マックス・ロ-チ、リ-・コニッツ等、数多くの一流ジャズ・ミュ-ジシャンと共演。
在学中に、ロチェスタ-大学ジャズ・アンサンブルの指揮者、そしてイ-ストマンのジャズ理論クラスの講師を務める。

1991年5月には同大学院修士課程卒業、6月の再来日後はニューヨークと東京を拠点に、多岐にわたる精力的な演奏、作曲、編曲、そしてバンド・リーダーとしての活動を続けている。

1996年にジョナサン・カッツ・トリオのデビューCD 「HAVEN'T YOU HEARD?- Jazz Interpretations of the Songs of Chage & Aska」がFORから発売される。
1999春に、ニューヨークにて録音された2枚目のCD、「コンティニュアンス」(ピーター・ワシントン(b)、ヨロン・イスラエル(d)、ジェームス・ウイリアムズ(プロデューサー)、デイヴィッド・ベーカー(録音))をリリースし、内外の注目をあびる。

2000年に、ハンク・ジョーンズに代ってレイ・ブラウン(b)率いるバンド(ケニー・バレル(g)、ミッキー・ローカー(ds))に参加、ブルーノート東京に初出演し、好評を博す。後、ルー・タバキン、エディー・ヘンダーソン等、のバンドに参加。

2001年4月に初のライブ・トリオ・レコーディング、「Live in Tokyo 2000」が発売され、同年に東京FM音楽専門衛星デジタルラジオ放送局、「music bird」の番組「ミュージック・エキスチェンジ」のホストを担当。

2002年から名古屋フィルハーモニー交響楽団のポップスピアニストになり出演し録音に参加する。また、ワールドミュージックグループCANDELAの 音楽監督/ピアニスト/ホルニストであり、同グループの初CD「MOGAMI」(2002年)に作編曲を多く提供する他、ジャズ・ホルニストとしても注目を引く。同年12月にCANDELAの尺八奏者ブルース・ヒューバナーとデュオCD「Bright Ones, Dark Ones」をリリースし、各誌に絶賛される。

海外にも認められ、同デュオが2003年4~5月に4カ国(スペイン、フランス、ドイツ、イタリア)のヨーロッパツアーを行い、CANDELAが世界的音楽フェスティバル「Toronto Downtown Jazz Festival」に呼ばれたのがきっかけで北米ツアーを2003年6月に行い、トロントの他に、ニューヨークの名ライブハウス「Joe's Pub」などで出演。翌2004年1月に同グループと名門「Blue Note New York」に出演し、2枚目のCD「Rise Above」を録音しリリース。

ジャズのみでなく、五木ひろしのCDやコンサートにも参加、2004年NHK BS2にて放映の「冬のソナタ・クラシックコンサート」で東京フィルと共演するなど幅広いジャンルで活動している。

2003年からデーブ・ピエトロ(as)、安ヵ川大樹(b)、江藤良人(d)と日米混成カルッテット「NYTC」を結成、日米両国でツアーと録音を重ねる。

自分の音楽性と作編曲術をさらに磨くことをめざし、2008年に東京のトップミュージシャンからなる19人編成のビッグ・バンド「TOKYO BIG BAND」を設立。スインギーかつ詩的な響きが感じられ、ときにはユーモア感の出るサウンドでリスナーを魅了している。

現在、TOKYO BIG BAND、CANDELA、NYTC、自己のトリオ、等で中心メンバーを務める一方、数々のセッション等で活躍中。また積極的に作編曲、指導、ツアー、そしてスタジオ・セッションにも参加している。

「エバンズ譲りのセンシティブなスタイルとスインギーなプレイが実力を裏づける。自作曲の出来と名曲の編曲術も二重丸。」
スイング・ジャーナル(continuanceについて)

「珠を転がすようなカッツの微妙なタッチからトリオがグルーヴしはじめるドキュメントがクリアに再生される。アイディアに溢れたピアノ・プレイ、生き生きした伴奏陣とのコラボレーションはなんといっても素晴らしい。」
ジャズライフ(Live in Tokyo 2000について)

「様式や体裁にこだわりすぎると、どうしてもみえなくなりがちな“ジャズ”の持つ柔軟性をしっかり感じさせてくれるステージだった。」---ジャズライフ(TOKYO BIG BANDについて)

Discography
2014: NYTC, "Precious―Live at the B Flat" (Seven Steps)
2009: Andrea Hopkins & Jonathan Katz, "Happy Talk" (Adesso Music)
2007: NYTC, "NY, The Night & The Music" (Seven Steps)
2006: NYTC, "Live In Tokyo" (Roving Spirits)
2004: CANDELA, "RISE ABOVE" (Zabu Tone Music)
2002: Bruce Huebner & Jonathan Katz, "Bright Ones, Dark Ones" (Zabu Tone Music)
2002: CANDELA, "MOGAMI" (Zabu Tone Music)
2001: Jonathan Katz Trio, "Live in Tokyo 2000" JHK the Way
1999: Jonathan Katz Trio, "continuance" JHK the Way
1996: Jonathan Katz Trio, "Haven't You Heard?" FOR

※オンライン予約にて事前決済していただくと、当日のご案内がスムーズになります。

※当日はお電話にてお問い合わせください。
※尚、当日清算の場合、立ち見となる可能性があります

「テーブルシステム等について」

  • お一人様、2オーダー以上のご注文をお願いしております。
  • お席の種類は、「フリーシート(カウンター席)」「ノーマルシート(テーブルチャージ:お一人様につき500円)」「VIPシート(テーブルチャージ:お一人様につき1,000円)」の3種類をご用意しています。
  • ノーマル席、カウンター席は原則自由席となり、先着順のご合席ありとなります。
  • VIPシートを少人数でご予約の際は、ご相席になる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 事前決算の場合、テーブルチャージは飲食代とご一緒に当日のお会計時にご精算いただきます。
  • 公演内容によって、テーブルチャージを全席500円設定やキャッシュオンデリバリーシステムまた主催者側で座席を指定させていただく場合もあります。

Click on the bar to open/close.
Date/Time
Tuesday, 10 March 2020
Door Open: 18:30 / Start: 19:30
Venue
東京都港区六本木7-4-12 ジャスミンビル2F
03-6721-1723
Tickets (Tax incl.)
Advance: 3500 yen / Door: 4000 yen
要2オーダー
Event Organizer
Same as the venue above.
Don't have an account yet? Register Now!

Sign in to your account