音楽

【延期】山本剛Trio with 平松加奈

91343768_828633977632985_8831909445979078656_n.jpg
出演
平松加奈(vl),山本剛 (p), 香川裕史 (b), 大隅寿男 (dr)

※当イベントの開催は延期となりました。
延期の日程は現在調整中ですので、改めて告知いたします。

【平松 加奈】
ジプシージャズスタイルの演奏でフラメンコ音楽やラテンジャズを中心に、国内外で年間200回以上の公演をこなし、ファンを魅了するヴァイオリニスト&コンポーザー。

スペイン国立バレエ団のプリンシパルダンサーとして活躍されていたアントニオ アロンソの公演に2006年より参加し、2010年にはスペインフラメンコ界の巨匠、カンテのディエゴ カラスコ、ギタリストの故モライート チコと共演。2013年にはスペインの大スター,フラメンコダンサーのアントニオ カナーレスと共演。この時には、自作曲を提供している。

2014年、NHKで放送された三谷幸喜脚本によるパペット・エンターテインメント『シャーロックホームズ』の劇伴音楽を全曲書き下ろし担当。数曲は、自身でフルオーケストラにアレンジしたものを、世界的指揮者、ダニエル・ハーディングとマーラー・チェンバー・オーケストラが演奏。ドイツレコーディングではアドリヴソロヴァイオリンで共演を果たす。

2008年、リーダーバンド「平松加奈con Armada」を結成。フラメンコ界、ジャズ界の精鋭ミュージシャンと共に新たなヴァイオリンサウンドを展開している。ただ美しいだけではない、儚さや強さ、フラメンコ的死生観を内包したバイオリンの音色を軸に、様々な色合いを演出するフラメンコギターiccou、ピアノ進藤陽悟、パーカッション海沼正利とともに感情のエネルギーで魂を揺さぶるフラメンコの熱を、クールで繊細な感覚で見事にまとめ上げ、大人のジプシー・サウンドに仕上げている。2010年に1stアルバム「Violin toca Flamenco」をリリース。同年8月の日経新聞に自身のコラムが掲載される。2011年、震災復興支援を目的とした、ミニアルバム『Volver a empezar~再起への祈り~』リリース。2014年、2ndアルバム「Armada」リリース。フラメンコダンサーのベニートガルシアをゲストに迎えシリーズで舞台公演も行っている。

2000年よりフラメンコギター伊藤芳輝氏率いるバンド「スパニッシュコネクション」のメンバーとしても活躍。ビクター、ポリスター等メジャーレーベルから通算9枚のアルバムを発表。ファーストアルバム「Spanish Connection」より平松のオリジナル曲「夢のあとで」 がTBS系ドキュメンタリー番組「NON-TV」 のテーマソングに起用される他、4thアルバムから「陽光の街」がキリン氷結バレンシアのCM曲に採用、「ピアソルンバ」がテレビ東京系番組「美の巨人たち」のテーマソングに起用、5thアルバムから「ritmo337」がテレビ東京系番組「ミューズの楽譜」のテーマソングに起用される。2006年にはNHK土曜ドラマ「魂萌え!」の音楽を全編担当。2009年にはNHK教育テレビ50周年記念番組連続人形活劇「新・三銃士」の音楽も全編担当する 。

<山本 剛>
HP : http://tsuyoshi-yamamoto.com/

1948年3月23日、新潟県佐渡郡相川町に生まれる。
すぐに佐渡島より新潟に移り、小学生の頃からピアノを弾き始める。
高校生時代、アート・ブレーキーとジャズ・メッセンジャーズの生演奏の虜となりジャズ・ピアノを独学で習得する。
日本大学経済学部に入学するが、その時の選伐で世田谷校と三島校があったが、田舎から出てきたばかりで土地がわからずに世田谷は東京の外れにあると思っていたので、思わず三島校を希望してしまい、一年間は静岡県の三島で下宿生活をしましたが、私の音楽人生で多大な影響を与えた時期でした。

その後、妹が国立音楽大学に在学していた為、多摩地区の東中神にも住んでいました。そして千駄ヶ谷、仙台坂と現在は芝公園に移り住んでいます。

1967年、日本大学在学中、19才でプロ入り。ミッキー・カーティスのグループを振り出しに英国~欧州各国を楽遊。
1974年、レコード・デビュー(「ミッドナイト・シュガー」TBM)。スケールの大きなブルース・フィーリングとスイングするピアノがファンの注目を集め、続く「ミスティ」(TBM)が大ヒット、以後レコード各社より数多くのリーダー・アルバム、共演アルバムを発表、人気ピアニストの地位を確立する。
1977年、アメリカ、サンフランシスコ、モンテレー・ジャズ・フェスティヴァル出演。

1979年、スイス、モントルー・ジャズ・フェスティヴァル出演。大好評を得、その後渡米、1年間ニューヨークで音楽活動を行う。
帰国後は、六本木のライヴ・ハウス"ミスティー"でハウス・ピアニストとして活動を再開。 笠井紀美子、安田南等ヴォーカリスト達と共演する一方、ディジー・ガレスピー、カーメン・マックレイ、サム・ジョーンズ、ビリー・ヒギンズ、エルビン・ジョーンズ、ソニー・スティット、スティーヴ・ガッド、エディー・ゴメスetc. 多数の本場ミュージシャンと共演。
その間、英国のバタシー・パーク・ジャズ・フェスティヴァル、ニューヨーク独立記念日ジャズ・フェスティヴァル、コンコード・ジャズ・フェスティヴァル等に出演。
TV番組「リュウズ・バー(村上龍構成、出演)」の音楽を担当するなど各方面で活躍。

最近はオーディオファンの方と交流する機会が増え、改めて我々のアルバムを隅から隅まで熱く聴いて頂いている事を知り、新しい発見をさせて頂いて居ります。益々オーディオファンの方々の為にもいいアルバムを造っていきたいと思っております。

※オンライン予約にて事前決済していただくと、当日のご案内がスムーズになります。

※当日はお電話にてお問い合わせください。
※尚、当日清算の場合、立ち見となる可能性があります

「テーブルシステム等について」

  • お一人様、2オーダー以上のご注文をお願いしております。
  • お席の種類は、「フリーシート(カウンター席)」「ノーマルシート(テーブルチャージ:お一人様につき500円)」「VIPシート(テーブルチャージ:お一人様につき1,000円)」の3種類をご用意しています。
  • ノーマル席、カウンター席は原則自由席となり、先着順のご合席ありとなります。
  • VIPシートを少人数でご予約の際は、ご相席になる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 事前決算の場合、テーブルチャージは飲食代とご一緒に当日のお会計時にご精算いただきます。
  • 公演内容によって、テーブルチャージを全席500円設定やキャッシュオンデリバリーシステムまた主催者側で座席を指定させていただく場合もあります。

バーをクリックすると開閉します
日時
2020年03月31日(火)
開場:18:30 / 開演:19:30
会場
東京都港区六本木7-4-12 ジャスミンビル2F
03-6721-1723
 特定商取引法に基づく表示
チケット代(税込)
前売: 3800円 / 当日: 4300
要2オーダー
主催
上記「会場」欄をご参照ください
初めてのご利用ですか? ご登録はこちら!

ログイン