音楽

いがりまさし&鈴木純トーク&ライブ 「草食系男子の系譜」 ~植物に魅せられた男たちの四方山話~

s-マツと満園.jpg
出演
いがりまさし 鈴木純
◆内容 植物写真家、映像音楽作家のいがりまさしに、気鋭の植物観察家、鈴木純が斬り込む対談。
さらに二人の映像詩ライブセッションも。 映像あり、音楽あり、植物トークあり、笑いもちょっとあり?
自然と植物を、左右両脳から味わいつくすライブ配信。

◆プロフィール
・いがりまさし 1960年愛知県豊橋市生まれ。
関西学院大学文学部美学科中退。
前後して、自転車でリコーダーを持って「日本一周笛吹行脚」を試みる。(1年3カ月)。
全国各地の自然に触れたのが、のちに植物写真を志すベースになる。旅の途中で関西学院大学を中退。
その後、リコーダーを神谷徹氏に師事するが、25歳の時、冨成忠夫氏作品に出会い、植物写真を志す。
コーエイグループ株式会社にカメラマンとして就職し、商業写真を中心に撮影一般の実務を積むかたわら、
植物写真家・冨成忠夫氏に通信で指導を受け、1991年独立。雑誌、新聞、書籍などを中心に、
写真家、植物研究家として、幅広い出稿活動を展開。
2009年ごろより、音楽活動を再開。
自然と伝承音楽をお手本に、自然系映像音楽作家として自然からのメッセージを伝える活動を全国で展開している。
著書に「草と木の組曲」、音楽CD作品に「名もなき旋律」(いずれもMAPLART)などがある。

・鈴木 純 植物観察家。
東京農業大学で造園学を学んだのち、中国で2年間砂漠緑化活動に従事する。
帰国後、日本各地の自然を訪ねるツアーを企画する専門特化型の旅行会社に勤務し、植物を学ぶ。
2018年にフリーの植物ガイドとして独立。
徒歩10分の道のりを100分かけて歩く『まちの植物はともだち』観察会を中心に、
保育の現場や地域おこし、企業のSDGsの取り組みへの協力など幅広く活動。
著書に『そんなふうに生きていたのね まちの植物のせかい(雷鳥社)』がある。

◆日時 1月30日(土) 13:00-15:00 ◆チケット 配信2000円 無観客

ライブ配信視聴チケット(1月30日 10時まで受付)
前日・当日(1月30日)に視聴方法をメールいたします
13:00〜配信スタート 
視聴にはスマートフォンまたはパソコンなどインターネット環境が必要になります
ご視聴方法は、ライブ前日または当日Goodstock Tokyo よりメールにてご案内させていただく予定です。

バーをクリックすると開閉します
日時
2021年01月30日(土)
/ 開演:13:00
会場
東京都大田区北千束3-20-8 スターバレーII
03-6451-7396
チケット代(税込)
前売: 2,000円 /
(税込・ドリンク別途)
主催
上記「会場」欄をご参照ください

初めてのご利用ですか? ご登録はこちら!

ログイン