梶原順の音楽室

梶原順
ギタリスト梶原順の豊富な経験に基づいた音楽にまつわる様々な動画コンテンツを、毎週2本程度提供しています。
       
ギターを弾いている方は勿論のこと、音楽が好きな方ならどなたでも楽しんでいただける内容です。特にギター講師の方には指導に必要な多くの事を発見できるはずですので参考にしてください。
梶原順の知識と経験のアーカイブをここに構築していきますのでお楽しみに。僕の音楽室をどうぞ楽しんでください!!
ログイン時に表示される「フィルタリング・モード」を利用すれば、カテゴリー別やスタイル別に動画を探し出すことができます。(月間パス保有時)。
基本コードの整理 01

基本コードの整理 01

梶原順/ギター教室

数あるコードもほとんどは
メジャー・コード、マイナー・コード、ドミナントセブンス・コードの三種類のどこかに分類されます。
まずは、この基本コードの押さえ方をひと通り確認しておきましょう。ルートの位置をずらせば12キーに対応できます。
この動画を時々観て、確認してください。

008 二次代理ドミナント

008 二次代理ドミナント

梶原順/音楽塾

ダイアトニックコードの代理コード、セカンダリードミナント、代理ドミナントを踏まえて、
セカンダリードミナントに対しての代理コードを設定していきます。
「二次代理ドミナント」言葉は堅苦しいですが、シンプルな考え方の組み合わせで成り立っています。

Love Will Keep Us Together

Love Will Keep Us Together

梶原順/パフォーマンス

1973年ール・セダカのオリジナル曲で発表され、1975年にキャプテン&テニールのカバーにより大ヒットした70年代の名曲のひとつ。
ミディアムテンポながらアップテンポの曲にも負けない、凝縮されたエネルギーを強く感じることができる曲です。

移調楽器について

移調楽器について

梶原順/四方山話

譜面に書いてある音を演奏した時に、実際に鳴っている音が譜面とは異なる音程になる楽器があります。
「え?」と驚く方も多いかもしれませんが、実は管楽器の多くはそういう「移調楽器」なのです。

Tags: ,
011 滑らかなコード進行

011 滑らかなコード進行

梶原順/音楽塾

「コード進行を理解する」とは、その中の音の動きを知ることです。
聴いて美しい、滑らかなコード進行の中には、それを裏付ける音の動きが存在します。
それを知ることは、作曲、アレンジ、アドリブソロの大きな助けとなります
美しいハーモニーの流れには理由があります。
滑らかなコード進行の仕組みを知ってください。

サブカテゴリ

初めてのご利用ですか? ご登録はこちら!

ログイン