イベンターとは?

日本では一般的に「イベンター」という言葉が使われていますが、実はこれは和製英語で英語圏では使われていません。
英語としてはおそらく「プロモーター」が内容的には近いですが、しかし日本のイベンターはプロモーターが行う業務の一部を担うもの、という感があります(個々のイベントで事情は違いますので一概には言えません)。イベンターを英語的に伝えるならば、「イベント・プランナー」や「イベント・コーディネイター」とすれば、イベンターが実際にやっている業務内容と近くなるのかもしれません。

STAGLEE におけるイベンターとは?

STAGLEE 日本語版では、この馴染みのある「イベンター」という言葉を以下のように位置付けています。

ライブハウスや劇場のオーナーではないが、イベントの主催者となる方

STAGLEE のオンライン予約(チケット販売)機能を利用する方

ライブハウスや劇場のオーナーは、「ステージ」メンバープランのご利用をお願いします。

STAGLEE における「イベント主催者」とは、そのイベントのチケット販売窓口を司っている方、と同義となります。

例えば以下のようなケースの場合、「イベンター」としてのご登録が最適となります:
  • レンタルホールを借りて、音楽イベントや演劇といったイベントを主催する場合
  • パフォーマーとして STAGLEE に登録をしているが、チケット販売を自主管理している場合

イベンターとして登録するための必須要件

STAGLEE のメンバープラン「イベンター」をお申込み頂く場合は、以下の要件を満たしている必要がございます。

PayPal ビジネスアカウントの取得

STAGLEE でオーディエンスがオンライン予約を行う場合、支払い方法として「PayPal」をご利用いただきます。
この際、販売者となります「イベンター」は、PayPal のビジネスアカウントを取得していることが求められます(個人でも取得可能です)。詳しくは「PayPal ビジネスアカウントを取得する」ページをご覧ください。

特定商取引法に基づく表示

STAGLEE でオンライン予約機能をご利用いただく場合、イベンターはチケットの販売者となります。
オンラインで販売を行うためには、法律上「特定商取引法に基づく表示」を行うことが義務付けられております)。イベンターとしてご登録頂いた場合、この「特定商取引法に基づく表示」を行うために用意されたフォームをご入力頂きます。

イベント情報をご登録頂きますと、イベント詳細ページには自動的に「特定商取引法に基づく表示」リンクが表示されます。オーディエンスはそのリンクをクリックすることにより、販売者の情報を確認することが出来る仕組みとなっております。

メンバープラン

メインメニュー「参加する」からイベンター向けメンバープランを申し込んだメンバーは「イベンター」メンバーとしての権限が付与されます。

イベンターに付与される機能

イベント登録 チケット販売 ブログ

STAGLEE にイベント登録をして、そのチケットを販売することが出来ます。またブログでイベント紹介記事を投稿すれば、STAGLEE の閲覧者にイベント情報を広く届けることが出来ます!

  疑問は解決しましたか?

ご利用ガイドを読んでもあなたの知りたいことが書かれていない場合は「よくある質問」もチェックしてみてください。それでも疑問が解決しない場合は、サポートまでご連絡ください!

0
0
0
s2smodern