音楽

山本剛 TRIO with Harvey Thompson

0219.jpg
出演
山本剛 (p), 香川裕史 (b), 大隅寿男 (dr),Harvey Thompson(vo)

HP : http://tsuyoshi-yamamoto.com/

週明けのほっと一息つける貴重な宵。
お気に入りのliquorと心地よいJAZZにゆったり身を委ねてみませんか。

<Harvey Thompson>

アメリカ合衆国ミシガン・デトロイト出身。現在、東京在住。
少年時代にゴスペルを歌うことがきっかけで音楽の道に入る。
スイスで行われたデトロイトモントルージャズフェスティバルに出演ロン・ミルナー制作のミュージカル"クラックステッピング"のレビューで熱狂的な評を得て、WENUラジオ・ベストボーカリストに選ばれる。デトロイトNBC主催"スーパー・シンガー"のオープニングに出演など数々のステージを経験。伝説的なサックス奏者ジョー・ヘンダーソンと共演をはじめベニー・グリーン・トリオと共演(スペイン・マドリッド)。
ニューヨークの著名なナイトクラブ"ターバン・オン・ザ・グリーン"ではドロシー・ドナガンと共演。ジャズ・キャバレー・ピアニストであり、シンガーとしても華々しい名声を博したジョー・トンプソンと共演。数々の名プレーヤーと共演をはたした。ジョー・トンプソンとのユニット「Detroit- Jazz Jewels」がエミー賞にノミネートされた。
1995年、ファーストアルバム『JAZZ IS ANYTHING YOU WA NT IT TO BE』を発表。ヴォーカリストとしての名声を確立させた。
またプロデュースの才能も開花し「編曲の精巧さ、粋な呼吸のレパートリー、溢れるばかりの演奏によって、ハービー・トンプソンは、リーダーとして並ならない繊細さで音楽的完成度を達した」とシカゴ・トリビューン誌に評された。ジャズがどんなに偉大なものであるかを示し、その名声を不動のものとした。
2002年、来日。音楽性をより追求するために、それまでのキャリアはさておき、日本でゼロからのスタートをきった。
以後、様々なライブ、ジャズ・フェスティバルへの出演はもちろん、アメリカ、日本、アジアへと活動の場を拡げ、日本の古典的な芸能や楽器とのコラボレーションも行い、文化交流にもチャレンジしている。
2004年タイ・ジャズ・フェスティバルの出演や、「タイ国政府観光庁のキャンペーンソング」を歌ったことで、2005年、タイでの「TSUNAMIチャリティ・コンサ-ト」に参加。以後、音楽を通じたボランティア活動を行っている。
デトロイトと日本との交流にも尽力する一方、2004年3月MOTOR CITY MUSIC誌では「デトロイトの音楽業界の発展に貢献した300人」の中に選ばれその活躍が評価された。

<山本 剛> 

1948323日、新潟県佐渡郡相川町に生まれる。
すぐに佐渡島より新潟に移り、小学生の頃からピアノを弾き始める。 
高校生時代、アート・ブレーキーとジャズ・メッセンジャーズの生演奏の虜となりジャズ・ピアノを独学で習得する。
日本大学経済学部に入学するが、その時の選伐で世田谷校と三島校があったが、田舎から出てきたばかりで土地がわからずに世田谷は東京の外れにあると思っていたので、思わず三島校を希望してしまい、一年間は静岡県の三島で下宿生活をしましたが、私の音楽人生で多大な影響を与えた時期でした。

その後、妹が国立音楽大学に在学していた為、多摩地区の東中神にも住んでいました。そして千駄ヶ谷、仙台坂と現在は芝公園に移り住んでいます。

1967年、日本大学在学中、19才でプロ入り。ミッキー・カーティスのグループを振り出しに英国~欧州各国を楽遊。 
1974
年、レコード・デビュー(「ミッドナイト・シュガー」TBM)。スケールの大きなブルース・フィーリングとスイングするピアノがファンの注目を集め、続く「ミスティ」(TBM)が大ヒット、以後レコード各社より数多くのリーダー・アルバム、共演アルバムを発表、人気ピアニストの地位を確立する。
1977
年、アメリカ、サンフランシスコ、モンテレー・ジャズ・フェスティヴァル出演。 

 


1979
年、スイス、モントルー・ジャズ・フェスティヴァル出演。大好評を得、その後渡米、1年間ニューヨークで音楽活動を行う。 
帰国後は、六本木のライヴ・ハウス"ミスティー"でハウス・ピアニストとして活動を再開。 笠井紀美子、安田南等ヴォーカリスト達と共演する一方、ディジー・ガレスピー、カーメン・マックレイ、サム・ジョーンズ、ビリー・ヒギンズ、エルビン・ジョーンズ、ソニー・スティット、スティーヴ・ガッド、エディー・ゴメスetc. 多数の本場ミュージシャンと共演。 
その間、英国のバタシー・パーク・ジャズ・フェスティヴァル、ニューヨーク独立記念日ジャズ・フェスティヴァル、コンコード・ジャズ・フェスティヴァル等に出演。 
TV番組「リュウズ・バー(村上龍構成、出演)」の音楽を担当するなど各方面で活躍。

最近はオーディオファンの方と交流する機会が増え、改めて我々のアルバムを隅から隅まで熱く聴いて頂いている事を知り、新しい発見をさせて頂いて居ります。益々オーディオファンの方々の為にもいいアルバムを造っていきたいと思っております。

※ホームページリニューアルキャンペーン中!事前ご予約いただくと、消費税8%分サービス!
※当日はお電話にてお問い合わせください。
※当日お支払いチケット代:¥4,300+消費税8%=¥4,644となります。
※尚、当日清算の場合、立ち見となる可能性があります

※ お一人様、2オーダー以上のご注文をお願いしております。
※ お席の種類は、「フリーシート(カウンター席)」「ノーマルシート(テーブルチャージ:お一人様につき500円)」「VIPシート(テーブルチャージ:お一人様につき1,000円)」の3種類をご用意しています。
※ 席種の選択は、席自体を確保するものではありません。原則先着順となります。
※ 状況に応じて主催側で席を指定させていただく場合がございます。
日時
2019年02月19日(火)
開場:18:30 / 開演:19:30
会場
東京都港区六本木7-4-12 ジャスミンビル2F
03-6721-1723
チケット代(税込)
前売: 4,104円 / 当日: 4,644円
要2オーダー
主催
上記「会場」欄をご参照ください
0
0
0
s2smodern
© 4CREATOR JAPAN
初めてのご利用ですか? ご登録はこちら!

ログイン