Avatar

小池修

登録日: 2018年08月09日(木)
最終訪問日: 2021年01月03日(日)
バイオグラフィー
種別
ミュージシャン
種別(その他)
音楽講師
楽器
サックス, フルート
経歴
小池 修 osamu koike 1959 年7 月8 日広島生まれ
(soprano, alto, tenor & baritone saxophone, flute, EWI, arrangement & composition)
10 歳でsax を始め15 歳から地元広島でプロとして活動。1977 年上京。
松本英彦氏に師事。スタジオミュージシャン、セッションマンとして
数多くのアルバム、ツアーに参加。参加アルバムは3000 枚を超える。
2002 年、大坂昌彦、納浩一、青柳誠らと「EQ」(the Earth Quartet)
を結成。

2013 年「ALTERED MUSIC SCHOOL」を開校。
これまでの経験を生かし後進への指導も精力的に行なっている。
これまでにリーダーアルバム6 枚シングル1 枚をリリース。

https://www.facebook.com/osamu.koike.946
https://www.facebook.com/osamukoikesax/
掲載イベント

STAGLEE でご予約頂けるイベント:

現在、登録されたイベントはありません。

ここから すべてのイベントを見ることができます。
お知らせブログ

STAGLEE BLOG

イベント主催者や出演者からの「お知らせ&レポート」

小池修:10月のスケジュール

10/6(土)HiroshimaAll☆Star Jazz Ensemble Lab. Live Vol. 6「聴いてビックリ!! 観てビックリ!!! 魔法の玉手箱」 Featuring 佐野 聡会場:広島 LIVE JUKE詳細:http://www.live-19-juke.com/出演:​Producer, Leader:小池 修 Scheller ひさみ/なかにし隆/九十九清美/小田原政広/吉岡洋充/西川桂子/西本順光/高田昌史/窪田昌之/河村圭将/迫田和也/藤本浩三/長尾浩宣/猪花祥雄/小方佳代子/中谷 透/上原茂史/中元俊男/原本ふみえ/廣畑洋子/寺島由香/菅 羊介/丸山和俊/三浦未紅/小草比佐雄Special Guest:佐野 聡 10/8(月・祝)Blue Note Toky...
続きを読む
0
タグ:
チャンネル
2021年お正月SP 新年からGLOW TONEで遊びましょう!
小池修のサックスレッスン 上達への手引き

みなさん、新年あけましておめでとうございます。いつもご視聴有難うございます。さて、今回はGLOW TONE ! みなさんご存知ですか?もちろん、必ずどこかで聞いたことはあると思いますが、ほとんどの皆さんは、できる人は出来る飛び道具の様なイメージの間違った認識がある様です。ロックのソロでのテクニック!演歌の間奏でのテクニック!ハーレム・ノクターンでのテクニック!この様に特化した技術の様に勘違いされています。それも、その人達も実は一部の音域でしか出来ない!とか、フォルテで吹かないと出来ない、とかテクニックとしては未完成の方がほとんどです。実はこのGLOW TONE...

#50 (中上級編) ブルーノート その2
小池修のサックスレッスン 上達への手引き

今回も前回に引き続き、ブルーノートの応用ですが、今回はメジャーの曲が前提です。マイナーの曲に付いては、そのままのキーでブルーノートが使えます。メジャーの時の注意点を確認して、センスの良いソロを目指して下さい。

#49 (中上級編) ブルーノート その1
小池修のサックスレッスン 上達への手引き

今回も前回に引き続き、ブルーノートの応用ですが、今回はメジャーの曲が前提です。マイナーの曲に付いては、そのままのキーでブルーノートが使えます。メジャーの時の注意点を確認して、センスの良いソロを目指して下さい。

#48 (初級編) ロングトーン エチュード その2
小池修のサックスレッスン 上達への手引き

今回はロングトーンのトレーニングですが、皆様が今までに経験したロングトーンの練習とは異なると思います。今回はエチュードの代わりに、ペンタトニックを使ってのトレーニングですが、これは、サックス全域を使ってのアンブシュアの形、エアーの調整などを、体感して下さい。複合的なロングトーンの練習とご理解ください。また、極力限界に近いところでのブレスをして、尚且つエチュードなので、曲としての完成度も求めて下さい。

#47 (初級編) ロングトーン エチュード その1
小池修のサックスレッスン 上達への手引き

今回はロングトーンのトレーニングですが、皆様が今までに経験したロングトーンの練習とは異なると思います。今回はエチュードの代わりに、ペンタトニックを使ってのトレーニングですが、これは、サックス全域を使ってのアンブシュアの形、エアーの調整などを、体感して下さい。複合的なロングトーンの練習とご理解ください。また、極力限界に近いところでのブレスをして、尚且つエチュードなので、曲としての完成度も求めて下さい。

#46 (初級編) ロングトーン 補足
小池修のサックスレッスン 上達への手引き

今回はロングトーンのトレーニングですが、皆様が今までに経験したロングトーンの練習とは異なると思います。今回はエチュードの代わりに、ペンタトニックを使ってのトレーニングですが、これは、サックス全域を使ってのアンブシュアの形、エアーの調整などを、体感して下さい。複合的なロングトーンの練習とご理解ください。また、極力限界に近いところでのブレスをして、尚且つエチュードなので、曲としての完成度も求めて下さい。

#45 (中上級編) ブルーノート その2
小池修のサックスレッスン 上達への手引き

本来、先にマイナーペンタトニックをやるべきですが、敢えて、「ブルーノート」にしました。それは、早く皆様に「ブルーノート」の理解と、正しい使い方を実践して頂きたいからです。「ブルーノート」は感情移入しやすいスケールなので、ついつい、使い勝手の良いスケールです。したがって、多用してしまいがちですが、しっかりとした知識の元、センスの良い使い方が必須です。今回はその辺を紐解いていきたいと思います。来月に続くレクチャーとなりますが、頑張って下さい。

#44 (中上級編) ブルーノート その1
小池修のサックスレッスン 上達への手引き

本来、先にマイナーペンタトニックをやるべきですが、敢えて、「ブルーノート」にしました。それは、早く皆様に「ブルーノート」の理解と、正しい使い方を実践して頂きたいからです。「ブルーノート」は感情移入しやすいスケールなので、ついつい、使い勝手の良いスケールです。したがって、多用してしまいがちですが、しっかりとした知識の元、センスの良い使い方が必須です。今回はその辺を紐解いていきたいと思います。来月に続くレクチャーとなりますが、頑張って下さい。

#43 (初級編) しゃくらない発音 その3
小池修のサックスレッスン 上達への手引き

...

#42 (初級編) しゃくらない発音 その2
小池修のサックスレッスン 上達への手引き

...

その他の記事...
初めてのご利用ですか? ご登録はこちら!

ログイン