小池修のサックスレッスン 上達への手引き

サックスを演奏するにあたっての必要な「テクニック」「知識」「アドリブソロのための方法やアイデア」をレクチャー!
小池修

初心者の方には「上達する為の練習方法や知識」をわかりやすく、上級者の方には「アドリブソロをとる上で必要な知識と奏法についてのトレーニング方法」など、理論書その他では理解しにくい事を、プロミュージシャンを輩出している ALTERED MUSIC SCHOOL小池修が実際に演奏を交えて解説します。

毎月5本前後の動画アップを予定(初心者向け: 3本/中上級者向け: 2本)、ひとつの課題を数回のレッスン動画に細分化してお伝えしていきます。

#61 (初級編) 9thと♭9thの使い分け その1

皆様へ。

いつもご視聴有難うございます。
さて、4月の配信ですが、初級編については既にお気付きの様に、3月の配信からコードネームを理解する為の論理的なレクチャーを始めました。
コードネームとは何か?
この問いに対しての明確な答えが見つけられない方も多いと思います。
これが、最初に皆さんが味わう挫折だと思います。
コードネームを理解する為には、まず「コードスケールから!」これが一般的な順序だと思います。
確かに、スケールを覚える事はとても大切で重要な事ですが、色々な場面に応用!となれば、ひとつのスケールだけでは限界があり、
ソロをする上では、これだけでは到底サウンドを構築するまでには及びません。
この動画配信ではスケールと同時に、まずはソロメイキングの為に必要なテンションを使いこなす事から始め、コードを理解して行こうと思います。
なかなか、ハードルは高いと思いますが、これによってジャズハーモニー(ポップスも同じ)を感じたり再現できたり、
また、パーカーやコルトレーン、サンボーンやマイケル、デイブコズやカークウェイラム、全てのポピュラリティーある演奏のカッコよさ!!
を理解出来る様に皆様の所謂「センス」が構築されると思います。
シンプルなソロ、コンテンポラリーなソロ、エモーショナルなソロ、、、、等々。
たったひとつの音使いで、さらにカッコ良いソロに生まれ変わります。
みなさん頑張ってください。
こちらが注意しなければいけない事は、理解している者が、理解している者の論理を押し付けない様に、解りやすく丁寧な説明をして行く事を心がけます。
また、中上級編のレクチャーと初級編のレクチャーを行き来する事もお勧めします。
そして最後に、論理的な事を理解しても演奏技術が疎かでは伝える力が半減します。
必ず基本的なトレーニングを忘れず、まずは楽器を使いこなす様、練習してください。
難しい言葉を喋る練習も、相乗効果としてはとても役立つ練習です。
これも、是非チャレンジしてください。

#62 (初級編) 9thと♭9thの使い分け その2

皆様へ。

いつもご視聴有難うございます。
さて、4月の配信ですが、初級編については既にお気付きの様に、3月の配信からコードネームを理解する為の論理的なレクチャーを始めました。
コードネームとは何か?
この問いに対しての明確な答えが見つけられない方も多いと思います。
これが、最初に皆さんが味わう挫折だと思います。
コードネームを理解する為には、まず「コードスケールから!」これが一般的な順序だと思います。
確かに、スケールを覚える事はとても大切で重要な事ですが、色々な場面に応用!となれば、ひとつのスケールだけでは限界があり、
ソロをする上では、これだけでは到底サウンドを構築するまでには及びません。
この動画配信ではスケールと同時に、まずはソロメイキングの為に必要なテンションを使いこなす事から始め、コードを理解して行こうと思います。
なかなか、ハードルは高いと思いますが、これによってジャズハーモニー(ポップスも同じ)を感じたり再現できたり、
また、パーカーやコルトレーン、サンボーンやマイケル、デイブコズやカークウェイラム、全てのポピュラリティーある演奏のカッコよさ!!
を理解出来る様に皆様の所謂「センス」が構築されると思います。
シンプルなソロ、コンテンポラリーなソロ、エモーショナルなソロ、、、、等々。
たったひとつの音使いで、さらにカッコ良いソロに生まれ変わります。
みなさん頑張ってください。
こちらが注意しなければいけない事は、理解している者が、理解している者の論理を押し付けない様に、解りやすく丁寧な説明をして行く事を心がけます。
また、中上級編のレクチャーと初級編のレクチャーを行き来する事もお勧めします。
そして最後に、論理的な事を理解しても演奏技術が疎かでは伝える力が半減します。
必ず基本的なトレーニングを忘れず、まずは楽器を使いこなす様、練習してください。
難しい言葉を喋る練習も、相乗効果としてはとても役立つ練習です。
これも、是非チャレンジしてください。

#63 (初級編) 9thと♭9thの使い分け その3

皆様へ。

いつもご視聴有難うございます。
さて、4月の配信ですが、初級編については既にお気付きの様に、3月の配信からコードネームを理解する為の論理的なレクチャーを始めました。
コードネームとは何か?
この問いに対しての明確な答えが見つけられない方も多いと思います。
これが、最初に皆さんが味わう挫折だと思います。
コードネームを理解する為には、まず「コードスケールから!」これが一般的な順序だと思います。
確かに、スケールを覚える事はとても大切で重要な事ですが、色々な場面に応用!となれば、ひとつのスケールだけでは限界があり、
ソロをする上では、これだけでは到底サウンドを構築するまでには及びません。
この動画配信ではスケールと同時に、まずはソロメイキングの為に必要なテンションを使いこなす事から始め、コードを理解して行こうと思います。
なかなか、ハードルは高いと思いますが、これによってジャズハーモニー(ポップスも同じ)を感じたり再現できたり、
また、パーカーやコルトレーン、サンボーンやマイケル、デイブコズやカークウェイラム、全てのポピュラリティーある演奏のカッコよさ!!
を理解出来る様に皆様の所謂「センス」が構築されると思います。
シンプルなソロ、コンテンポラリーなソロ、エモーショナルなソロ、、、、等々。
たったひとつの音使いで、さらにカッコ良いソロに生まれ変わります。
みなさん頑張ってください。
こちらが注意しなければいけない事は、理解している者が、理解している者の論理を押し付けない様に、解りやすく丁寧な説明をして行く事を心がけます。
また、中上級編のレクチャーと初級編のレクチャーを行き来する事もお勧めします。
そして最後に、論理的な事を理解しても演奏技術が疎かでは伝える力が半減します。
必ず基本的なトレーニングを忘れず、まずは楽器を使いこなす様、練習してください。
難しい言葉を喋る練習も、相乗効果としてはとても役立つ練習です。
これも、是非チャレンジしてください。

#64 (中上級編) リズムアプローチ その1

皆様へ。

いつもご視聴有難うございます。
さて、4月の配信ですが、初級編については既にお気付きの様に、3月の配信からコードネームを理解する為の論理的なレクチャーを始めました。
コードネームとは何か?
この問いに対しての明確な答えが見つけられない方も多いと思います。
これが、最初に皆さんが味わう挫折だと思います。
コードネームを理解する為には、まず「コードスケールから!」これが一般的な順序だと思います。
確かに、スケールを覚える事はとても大切で重要な事ですが、色々な場面に応用!となれば、ひとつのスケールだけでは限界があり、
ソロをする上では、これだけでは到底サウンドを構築するまでには及びません。
この動画配信ではスケールと同時に、まずはソロメイキングの為に必要なテンションを使いこなす事から始め、コードを理解して行こうと思います。
なかなか、ハードルは高いと思いますが、これによってジャズハーモニー(ポップスも同じ)を感じたり再現できたり、
また、パーカーやコルトレーン、サンボーンやマイケル、デイブコズやカークウェイラム、全てのポピュラリティーある演奏のカッコよさ!!
を理解出来る様に皆様の所謂「センス」が構築されると思います。
シンプルなソロ、コンテンポラリーなソロ、エモーショナルなソロ、、、、等々。
たったひとつの音使いで、さらにカッコ良いソロに生まれ変わります。
みなさん頑張ってください。
こちらが注意しなければいけない事は、理解している者が、理解している者の論理を押し付けない様に、解りやすく丁寧な説明をして行く事を心がけます。
また、中上級編のレクチャーと初級編のレクチャーを行き来する事もお勧めします。
そして最後に、論理的な事を理解しても演奏技術が疎かでは伝える力が半減します。
必ず基本的なトレーニングを忘れず、まずは楽器を使いこなす様、練習してください。
難しい言葉を喋る練習も、相乗効果としてはとても役立つ練習です。
これも、是非チャレンジしてください。

#65 (中上級編) リズムアプローチ その2

皆様へ。

いつもご視聴有難うございます。
さて、4月の配信ですが、初級編については既にお気付きの様に、3月の配信からコードネームを理解する為の論理的なレクチャーを始めました。
コードネームとは何か?
この問いに対しての明確な答えが見つけられない方も多いと思います。
これが、最初に皆さんが味わう挫折だと思います。
コードネームを理解する為には、まず「コードスケールから!」これが一般的な順序だと思います。
確かに、スケールを覚える事はとても大切で重要な事ですが、色々な場面に応用!となれば、ひとつのスケールだけでは限界があり、
ソロをする上では、これだけでは到底サウンドを構築するまでには及びません。
この動画配信ではスケールと同時に、まずはソロメイキングの為に必要なテンションを使いこなす事から始め、コードを理解して行こうと思います。
なかなか、ハードルは高いと思いますが、これによってジャズハーモニー(ポップスも同じ)を感じたり再現できたり、
また、パーカーやコルトレーン、サンボーンやマイケル、デイブコズやカークウェイラム、全てのポピュラリティーある演奏のカッコよさ!!
を理解出来る様に皆様の所謂「センス」が構築されると思います。
シンプルなソロ、コンテンポラリーなソロ、エモーショナルなソロ、、、、等々。
たったひとつの音使いで、さらにカッコ良いソロに生まれ変わります。
みなさん頑張ってください。
こちらが注意しなければいけない事は、理解している者が、理解している者の論理を押し付けない様に、解りやすく丁寧な説明をして行く事を心がけます。
また、中上級編のレクチャーと初級編のレクチャーを行き来する事もお勧めします。
そして最後に、論理的な事を理解しても演奏技術が疎かでは伝える力が半減します。
必ず基本的なトレーニングを忘れず、まずは楽器を使いこなす様、練習してください。
難しい言葉を喋る練習も、相乗効果としてはとても役立つ練習です。
これも、是非チャレンジしてください。

#56 (初級編) ガイドトーン その1

皆様こんにちは。
さて、今回から初級編の方もいよいよコードネームを読む!!!と言うステージに入ります。
ただ、いきなり色々なコードネームを覚えるのは大変な作業です。
今回は、コードネームの3rd と7th の音を使ってガイドトーンの練習から入ります。
五線紙にコード和音を書き、どの音が3rd.7thなのか読み取る習慣をつけてください。
この積み重ねが今後のテンションなどをすぐに読み取る為のトレーニングになります。
頑張ってください。

中上級者の皆様は、かなり高度なチャレンジをしていますが、今一度初心に帰って、初級編でのガイドトーンの練習もしてみてください。

初級編、中上級編の皆様はただ音符を吹くだけでなく、演じながら演奏してください。

#57 (初級編) ガイドトーン その2

皆様こんにちは。
さて、今回から初級編の方もいよいよコードネームを読む!!!と言うステージに入ります。
ただ、いきなり色々なコードネームを覚えるのは大変な作業です。
今回は、コードネームの3rd と7th の音を使ってガイドトーンの練習から入ります。
五線紙にコード和音を書き、どの音が3rd.7thなのか読み取る習慣をつけてください。
この積み重ねが今後のテンションなどをすぐに読み取る為のトレーニングになります。
頑張ってください。

中上級者の皆様は、かなり高度なチャレンジをしていますが、今一度初心に帰って、初級編でのガイドトーンの練習もしてみてください。

初級編、中上級編の皆様はただ音符を吹くだけでなく、演じながら演奏してください。

#58 (初級編) ガイドトーン その3

皆様こんにちは。
さて、今回から初級編の方もいよいよコードネームを読む!!!と言うステージに入ります。
ただ、いきなり色々なコードネームを覚えるのは大変な作業です。
今回は、コードネームの3rd と7th の音を使ってガイドトーンの練習から入ります。
五線紙にコード和音を書き、どの音が3rd.7thなのか読み取る習慣をつけてください。
この積み重ねが今後のテンションなどをすぐに読み取る為のトレーニングになります。
頑張ってください。

中上級者の皆様は、かなり高度なチャレンジをしていますが、今一度初心に帰って、初級編でのガイドトーンの練習もしてみてください。

初級編、中上級編の皆様はただ音符を吹くだけでなく、演じながら演奏してください。

#59 (中上級編) 実践フレーズ その1

皆様こんにちは。
さて、今回から初級編の方もいよいよコードネームを読む!!!と言うステージに入ります。
ただ、いきなり色々なコードネームを覚えるのは大変な作業です。
今回は、コードネームの3rd と7th の音を使ってガイドトーンの練習から入ります。
五線紙にコード和音を書き、どの音が3rd.7thなのか読み取る習慣をつけてください。
この積み重ねが今後のテンションなどをすぐに読み取る為のトレーニングになります。
頑張ってください。

中上級者の皆様は、かなり高度なチャレンジをしていますが、今一度初心に帰って、初級編でのガイドトーンの練習もしてみてください。

初級編、中上級編の皆様はただ音符を吹くだけでなく、演じながら演奏してください。

#60 (中上級編) 実践フレーズ その2

皆様こんにちは。
さて、今回から初級編の方もいよいよコードネームを読む!!!と言うステージに入ります。
ただ、いきなり色々なコードネームを覚えるのは大変な作業です。
今回は、コードネームの3rd と7th の音を使ってガイドトーンの練習から入ります。
五線紙にコード和音を書き、どの音が3rd.7thなのか読み取る習慣をつけてください。
この積み重ねが今後のテンションなどをすぐに読み取る為のトレーニングになります。
頑張ってください。

中上級者の皆様は、かなり高度なチャレンジをしていますが、今一度初心に帰って、初級編でのガイドトーンの練習もしてみてください。

初級編、中上級編の皆様はただ音符を吹くだけでなく、演じながら演奏してください。

初めてのご利用ですか? ご登録はこちら!

ログイン