小池修のサックスレッスン 上達への手引き

サックスを演奏するにあたっての必要な「テクニック」「知識」「アドリブソロのための方法やアイデア」をレクチャー!
小池修

初心者の方には「上達する為の練習方法や知識」をわかりやすく、上級者の方には「アドリブソロをとる上で必要な知識と奏法についてのトレーニング方法」など、理論書その他では理解しにくい事を、プロミュージシャンを輩出している ALTERED MUSIC SCHOOL小池修が実際に演奏を交えて解説します。

毎月5本前後の動画アップを予定(初心者向け: 3本/中上級者向け: 2本)、ひとつの課題を数回のレッスン動画に細分化してお伝えしていきます。

#36 (初級編) ロングトーン 補足

皆様、こんにちは。
いつもこの配信動画にご参加していただき有り難う御座います。


さて、今回は初級、中上級共の課題となります。

ペンタトニックです。

ロック、AOR、フュージョン、勿論ジャズ、J-pop、な、な、なんと演歌まで(笑)
そうです、全てのソロにおけるもっとも基本となるスケールだと認識して下さい。

今回の目的はサウンドを把握する。その為には早く吹ける様になる。
その結果、奏法が良くなる。
そして、何より演じるです。

皆さんがコピーをしたり、オムニブックを見て演奏したり、それは既に、単語として成立している物を、演奏しています。
ここで、見失いやすい事は、筋書きが出来ているので上手に聞こえてしまう事です。
この事によって、大切な音程や、発音などを見失ってしまいます。

今回のペンタトニック、コードなどのサウンドは一先ず考えなくてすみます。
なので、演じる事、ご自身が最高の演者であると思いながらチャレンジして下さい。
ただし、必要以上の過剰演技はNGです。
(所謂、臭い演技、と言うものです。)
スマートに、確実にハーモニーやリズムを意識して下さい。

この課題は、まだまだ先があります。
今後のブルーノートなどの基本となるスケールですので、ここで丁寧に仕上げる事が、次の課題を完成させる事になります。

頑張って下さい。(ゆっくり丁寧に、ご自身の時間軸で結構です)

また、今後の課題ですが、僕の学校には既に10年を超える生徒さんが何人もいらっしゃいます。

と、言うことは、これまでの配信レッスンはほんのさわりに過ぎません。
まだまだ、たくさん課題がありますので、皆さん楽しみ????にしていて下さい。

今、理解出来ない事も必ず未来で理解できますので、ややハードルの高い事も、チャレンジしていて下さい。

#37 (初級編) ペンタトニック その1

皆様、こんにちは。
いつもこの配信動画にご参加していただき有り難う御座います。


さて、今回は初級、中上級共の課題となります。

ペンタトニックです。

ロック、AOR、フュージョン、勿論ジャズ、J-pop、な、な、なんと演歌まで(笑)
そうです、全てのソロにおけるもっとも基本となるスケールだと認識して下さい。

今回の目的はサウンドを把握する。その為には早く吹ける様になる。
その結果、奏法が良くなる。
そして、何より演じるです。

皆さんがコピーをしたり、オムニブックを見て演奏したり、それは既に、単語として成立している物を、演奏しています。
ここで、見失いやすい事は、筋書きが出来ているので上手に聞こえてしまう事です。
この事によって、大切な音程や、発音などを見失ってしまいます。

今回のペンタトニック、コードなどのサウンドは一先ず考えなくてすみます。
なので、演じる事、ご自身が最高の演者であると思いながらチャレンジして下さい。
ただし、必要以上の過剰演技はNGです。
(所謂、臭い演技、と言うものです。)
スマートに、確実にハーモニーやリズムを意識して下さい。

この課題は、まだまだ先があります。
今後のブルーノートなどの基本となるスケールですので、ここで丁寧に仕上げる事が、次の課題を完成させる事になります。

頑張って下さい。(ゆっくり丁寧に、ご自身の時間軸で結構です)

また、今後の課題ですが、僕の学校には既に10年を超える生徒さんが何人もいらっしゃいます。

と、言うことは、これまでの配信レッスンはほんのさわりに過ぎません。
まだまだ、たくさん課題がありますので、皆さん楽しみ????にしていて下さい。

今、理解出来ない事も必ず未来で理解できますので、ややハードルの高い事も、チャレンジしていて下さい。

#38 (初級編) ペンタトニック その2

皆様、こんにちは。
いつもこの配信動画にご参加していただき有り難う御座います。


さて、今回は初級、中上級共の課題となります。

ペンタトニックです。

ロック、AOR、フュージョン、勿論ジャズ、J-pop、な、な、なんと演歌まで(笑)
そうです、全てのソロにおけるもっとも基本となるスケールだと認識して下さい。

今回の目的はサウンドを把握する。その為には早く吹ける様になる。
その結果、奏法が良くなる。
そして、何より演じるです。

皆さんがコピーをしたり、オムニブックを見て演奏したり、それは既に、単語として成立している物を、演奏しています。
ここで、見失いやすい事は、筋書きが出来ているので上手に聞こえてしまう事です。
この事によって、大切な音程や、発音などを見失ってしまいます。

今回のペンタトニック、コードなどのサウンドは一先ず考えなくてすみます。
なので、演じる事、ご自身が最高の演者であると思いながらチャレンジして下さい。
ただし、必要以上の過剰演技はNGです。
(所謂、臭い演技、と言うものです。)
スマートに、確実にハーモニーやリズムを意識して下さい。

この課題は、まだまだ先があります。
今後のブルーノートなどの基本となるスケールですので、ここで丁寧に仕上げる事が、次の課題を完成させる事になります。

頑張って下さい。(ゆっくり丁寧に、ご自身の時間軸で結構です)

また、今後の課題ですが、僕の学校には既に10年を超える生徒さんが何人もいらっしゃいます。

と、言うことは、これまでの配信レッスンはほんのさわりに過ぎません。
まだまだ、たくさん課題がありますので、皆さん楽しみ????にしていて下さい。

今、理解出来ない事も必ず未来で理解できますので、ややハードルの高い事も、チャレンジしていて下さい。

#39 (中上級編) ペンタトニック その1

皆様、こんにちは。
いつもこの配信動画にご参加していただき有り難う御座います。


さて、今回は初級、中上級共の課題となります。

ペンタトニックです。

ロック、AOR、フュージョン、勿論ジャズ、J-pop、な、な、なんと演歌まで(笑)
そうです、全てのソロにおけるもっとも基本となるスケールだと認識して下さい。

今回の目的はサウンドを把握する。その為には早く吹ける様になる。
その結果、奏法が良くなる。
そして、何より演じるです。

皆さんがコピーをしたり、オムニブックを見て演奏したり、それは既に、単語として成立している物を、演奏しています。
ここで、見失いやすい事は、筋書きが出来ているので上手に聞こえてしまう事です。
この事によって、大切な音程や、発音などを見失ってしまいます。

今回のペンタトニック、コードなどのサウンドは一先ず考えなくてすみます。
なので、演じる事、ご自身が最高の演者であると思いながらチャレンジして下さい。
ただし、必要以上の過剰演技はNGです。
(所謂、臭い演技、と言うものです。)
スマートに、確実にハーモニーやリズムを意識して下さい。

この課題は、まだまだ先があります。
今後のブルーノートなどの基本となるスケールですので、ここで丁寧に仕上げる事が、次の課題を完成させる事になります。

頑張って下さい。(ゆっくり丁寧に、ご自身の時間軸で結構です)

また、今後の課題ですが、僕の学校には既に10年を超える生徒さんが何人もいらっしゃいます。

と、言うことは、これまでの配信レッスンはほんのさわりに過ぎません。
まだまだ、たくさん課題がありますので、皆さん楽しみ????にしていて下さい。

今、理解出来ない事も必ず未来で理解できますので、ややハードルの高い事も、チャレンジしていて下さい。

#40 (中上級編) ペンタトニック その2

皆様、こんにちは。
いつもこの配信動画にご参加していただき有り難う御座います。


さて、今回は初級、中上級共の課題となります。

ペンタトニックです。

ロック、AOR、フュージョン、勿論ジャズ、J-pop、な、な、なんと演歌まで(笑)
そうです、全てのソロにおけるもっとも基本となるスケールだと認識して下さい。

今回の目的はサウンドを把握する。その為には早く吹ける様になる。
その結果、奏法が良くなる。
そして、何より演じるです。

皆さんがコピーをしたり、オムニブックを見て演奏したり、それは既に、単語として成立している物を、演奏しています。
ここで、見失いやすい事は、筋書きが出来ているので上手に聞こえてしまう事です。
この事によって、大切な音程や、発音などを見失ってしまいます。

今回のペンタトニック、コードなどのサウンドは一先ず考えなくてすみます。
なので、演じる事、ご自身が最高の演者であると思いながらチャレンジして下さい。
ただし、必要以上の過剰演技はNGです。
(所謂、臭い演技、と言うものです。)
スマートに、確実にハーモニーやリズムを意識して下さい。

この課題は、まだまだ先があります。
今後のブルーノートなどの基本となるスケールですので、ここで丁寧に仕上げる事が、次の課題を完成させる事になります。

頑張って下さい。(ゆっくり丁寧に、ご自身の時間軸で結構です)

また、今後の課題ですが、僕の学校には既に10年を超える生徒さんが何人もいらっしゃいます。

と、言うことは、これまでの配信レッスンはほんのさわりに過ぎません。
まだまだ、たくさん課題がありますので、皆さん楽しみ????にしていて下さい。

今、理解出来ない事も必ず未来で理解できますので、ややハードルの高い事も、チャレンジしていて下さい。

#31 (初級編) ロングトーン その1

さて、今回の配信レッスンですが、いよいよ曲(枯葉)の演奏となります。
曲の演奏といっても、ただメロディーを吹くだけでなく、今回はロングトーンを目的としてです。
ロングトーンは全ての奏法の基本となります。
ただ、ロングトーンが上手いだけではなく、実際に演奏の中で反映出来るようトレーニングして下さい。
トレーニング方法は、毎日のストレッチの様に、1コーラスを続けて2回。5分くらいの休憩を入れて、これを5回。全部で10コーラス。
それも、丁寧に自問自答しながらチャレンジしてみて下さい。
「継続は力なり!」必ず結果として現れてきます。
(残念ながらすぐには効果は現れませんが、、、、)

#32 (初級編) ロングトーン その2 アルト編

さて、今回の配信レッスンですが、いよいよ曲(枯葉)の演奏となります。
曲の演奏といっても、ただメロディーを吹くだけでなく、今回はロングトーンを目的としてです。
ロングトーンは全ての奏法の基本となります。
ただ、ロングトーンが上手いだけではなく、実際に演奏の中で反映出来るようトレーニングして下さい。
トレーニング方法は、毎日のストレッチの様に、1コーラスを続けて2回。5分くらいの休憩を入れて、これを5回。全部で10コーラス。
それも、丁寧に自問自答しながらチャレンジしてみて下さい。
「継続は力なり!」必ず結果として現れてきます。
(残念ながらすぐには効果は現れませんが、、、、)

#33 (初級編) ロングトーン その3 テナー編

さて、今回の配信レッスンですが、いよいよ曲(枯葉)の演奏となります。
曲の演奏といっても、ただメロディーを吹くだけでなく、今回はロングトーンを目的としてです。
ロングトーンは全ての奏法の基本となります。
ただ、ロングトーンが上手いだけではなく、実際に演奏の中で反映出来るようトレーニングして下さい。
トレーニング方法は、毎日のストレッチの様に、1コーラスを続けて2回。5分くらいの休憩を入れて、これを5回。全部で10コーラス。
それも、丁寧に自問自答しながらチャレンジしてみて下さい。
「継続は力なり!」必ず結果として現れてきます。
(残念ながらすぐには効果は現れませんが、、、、)

#34 (中上級編) 枯葉 その1

中上級の皆様へ。
今回は、テキストを付けていますが、あえて全てにスケールなどの解説を付けていません。
色々な方法論と、考え方が有るからです。
その一部だけを書いています。
まだ、レッスンしていない解釈もありますので、それは今後解説していきます。
書いていない所は興味を持って分析してみて下さい。
(今まで習った範囲で)
今回、アプローチノートが多く使われているので、その解説も今後していきます。
繰り返し、繰り返し演奏してみて下さい。
ハーモニー感が付いてくるとおもいます。

#35 (中上級編) 枯葉 その2

中上級の皆様へ。
今回は、テキストを付けていますが、あえて全てにスケールなどの解説を付けていません。
色々な方法論と、考え方が有るからです。
その一部だけを書いています。
まだ、レッスンしていない解釈もありますので、それは今後解説していきます。
書いていない所は興味を持って分析してみて下さい。
(今まで習った範囲で)
今回、アプローチノートが多く使われているので、その解説も今後していきます。
繰り返し、繰り返し演奏してみて下さい。
ハーモニー感が付いてくるとおもいます。

初めてのご利用ですか? ご登録はこちら!

ログイン