STAGLEE オフィシャルブログ

イベント主催者や出演者からの「お知らせ&レポート」
フォントサイズ: +

新感覚ライブハウス「KEYSTONE CLUB 東京」

keystone

​「コンセプトはねぇ、ナイトクラブですよ。意外に大人が遊べるところって少ないでしょ?」

都営大江戸線「六本木駅」から乃木坂方面に歩き、角にガソリンスタンドがある「東京ミッドタウン西」交差点を左折し、次の右折ポイントを曲がると在るライブハウス「キーストンクラブ東京」のオーナーは、無邪気な笑顔でそう話してくれた。

確かにこのキーストンクラブ東京の内装は、いわゆるライブハウスと言われて想像するような感じとは一味も二味も違う。座り心地の良さそうな椅子、食事がしやすそうなテーブル、そしてステージの背景はスポットライトと相まって独特の味わいを醸し出す、まるでホテルに設えてありそうなお洒落な壁だ。

そして天井にはミラーボール!

「まずはミュージシャン。ミュージシャンに楽しんでもらえるステージじゃなくっちゃね!」

オーナーは本当に楽しそうに語ってくれる。

「だって、ミュージシャンや僕らが楽しくなくっちゃ、お客様に楽しんでもらえないでしょ!」

そのオーナーの想いが具現化した店内を見渡せば、想像の範疇にあるライブハウスという概念を簡単に壊してくれそうな、そんな予感をさせる。

「せっかく来てくれたんだから、今日は楽しんで行ってよ!」

STAGLEE の紹介に訪れた私達ですら楽しんでもらいたい、そのオーナーの歓迎ぶりにすっかり仕事を忘れそうになってしまう(笑)。とにかく『遊び』を知っているオーナーは本当に魅力的なお人柄で、飛び出してくる話は面白くて仕方ない。気がつけば、すっかりオーナーのファンになってしまっている、そんな感じなのだ。

「大人が遊べる場所」に相応しく、メニューを見れば充実のドリンクメニュー。そして本場シェフが作るというインド料理の数々がこのライブハウスの特徴をさらに高めている。その辺のレストランに負けないくらいの充実ぶりなのだ。

しばらくして本日の「CUATRO LOCOS with MINA」のステージが始まった。
クアトロ・ロコスは、高橋ゲタ夫(ベース)/津垣"ヤン"博通(ラテンピアノ)/木村"キムチ"誠(ラテンパーカッション)/橋田"ペッカー"正人(ラテンパーカッション)による4人組のラテンバンド。クアトロは「4人」、ロコスは「クレージー」を意味するという。そして紅一点の美人ボーカリスト、MINA が加わる。

お酒とともに、ユーモアたっぷりにアレンジされたラテン音楽を聴けば、もう楽しくないはずはない!
勝手にカラダがリズムに反応して動き出す感じだ。まるでコミックバンドのように時折笑いを入れてくる感じは、ベテランミュージシャンの余裕そのもの、本当に楽しませてくれる!


今回ご紹介した「キーストンクラブ東京」のライブ情報は、近日この STAGLEE からチェックしていただけるようになる予定です。どうぞお楽しみに!

...

五十嵐一生「Ballads of a sullen horn man」をiTunesで

"I'll be seeing you"、"Intermezzo"、"LAWNS" とその他を含む、アルバム「Ballads of a sullen horn man」の曲をプレビュー、購入、ダウンロード。 アルバムを¥3,000で購入する。 1曲¥250から。

今回の五十嵐一生さんのライブで共演される吉澤はじめさんのアルバム「JAPAN」は、STAGLEE スタッフのお気に入りアルバムのひとつ。仕事中によく聴いています!

...

吉澤はじめ「JAPAN」

"OPEN DOOR"、"TIME Feat ナヴァーシャ・デイヤ"、"YOAKE-DAWN" とその他を含む、アルバム「JAPAN」の曲を聴こう。 アルバムを¥1,500で購入する。 1曲¥150から。 Apple Musicに登録すると、無料で利用できます。
0
高橋ゲタ夫:5月のライブスケジュール
5/5は飯田座光寺のOVER THE RAIMBOW
 

コメント

コメントはまだありません。コメントを投稿する最初の1人になって下さい

関連ブログ記事

ブログ記事内 検索

しばらくお待ちください、カレンダーを描画中です

最新コメント

事件。001xxx
2018年04月05日
ああ、せっかくの第一号が。。でもグーちゃんだったら、仕方ないですかね~。。怒る気も起きなかった、とい...
JPP 002 ジロー
2018年04月03日
どことなーく、グーちゃんの表情ですね!舌が見えてるのが、わんこっぽくてメチャ可愛い
© 4CREATOR JAPAN
初めてのご利用ですか? ご登録はこちら!

ログイン